Loading...

ID 盗難とは何ですか?

ID 盗難とは他人があなたの個人情報を盗み詐欺に利用することです。これは一般的に金銭を目的とした詐欺や欺瞞に関係したものです。ID 盗難は、単なるクレジットカード詐欺をはるかに超えて進化していて、残念ながら、日常において、多くの人が直接的または間接的に影響を受ける犯罪として急増しています。

不明な犯罪記録に注意


ID 盗難がもたらす結果は、実際には被害者の信用を損なうだけでは済みません。犯人が逮捕されると、ID 盗難による犯罪は盗難被害者の裁判記録や犯罪記録の一部となり、最終的には被害者が誤って逮捕されたり、所定の身元調査により就職を拒否されたりする可能性があります。

ID 盗難にはどんな種類がありますか?
 

1.  なりすましアイデンティティ詐欺

たいていの場合、他の種類の詐欺を行う前提条件として、なりすましアイデンティティ詐欺は被害者の社会保障番号の盗難に関与し、「新しい」人間を実質的に作り出すのに必要な、新しい名前、生年月日、その他の個人情報を加えます。 Experianによると、なりすましアイデンティティ詐欺は、現在あるすべてのアイデンティティ詐欺の 80 から 85% に相当しています。

2.  新規アカウント詐欺

被害者の個人情報と ID が盗まれると、多くの場合で被害者の良好な信用状態を利用した商品やサービスの入手に使用されてしまいます。公共料金、携帯電話、クレジットカードの新規アカウント開設は、すべて新規アカウント詐欺の典型です。

3.  アカウント乗っ取り詐欺

EMV チップ付きクレジットカードの普及により、とりわけ従来のクレジットカード詐欺が少なくなっていることから、アカウント乗っ取り詐欺はますます一般的になってきています。アカウント乗っ取りでは、多くの場合被害者の既存のアカウントは盗んだ認証情報を使ってログインされ、犯人は認証済みユーザーとして追加されます。例えば、銀行にログインして、既存の口座で新規クレジットカードの作成を申請することができます。この状況では、既存の信用枠を厳密には使用しているため、従来の信用モニタリングではこのアクティビティを警告することはできません。

4.  医療 ID 盗難

医療 ID 盗難に関係する懸念が増加しています。これは、他人のアイデンティティを利用して処方薬や高額治療を不正に入手するものです。医療 ID 盗難が行われると、被害者の医療記録に頻繁に誤った記載が行われる結果となり、医療スタッフによる不適切で命にかかわる判断につながる可能性もあります。 

5.  事業 ID 盗難

事業名を使った信用の獲得や事業顧客への商品およびサービスの請求は、とりわけ小規模事業者や個人事業主にとり大きなリスクとなります。新規事業では事業と個人が重なることもあるため、このような詐欺は、起業を志す人に個人的に及び事業面で影響を与える可能性があります。悪いことには、事業 ID 盗難を犯す加害者は、業務文書に直接アクセスできる現従業員や元従業員の内部関係者であることが多く、自分たちの目論見に有利になるように帳簿を水増ししています。

ID 盗難と金融詐欺は、どのように違うのですか?

「金融詐欺」は、一般的なクレジットカード、小切手、デビットカード詐欺を指す言葉です。犯罪者が被害者のクレジットカードやデビットカードを使用して買い物をするときは、被害者のアイデンティを装うことをせずいつものように使用します。金融詐欺からの回復は、 比較的に アイデンティ詐欺からの回復よりも簡単です。ほとんどの債権者は、 被害者 に詐欺行為の請求責任を問わないからです。

個人情報が侵害された場合、一般的にどのような個人情報が持ち出されるのでしょうか?


情報侵害の際に持ち出される情報の種類は、企業がどのような個人情報を保有しているか、加害者が何にアクセスできるかによって大きく異なります。政治的な主張からハッカーによる単なる「見せしめ」まで、盗まれる情報の種類は侵害の目的によって異なります。金銭目的の侵害を行う加害者は、一般的にダークウェブでの転売やアイデンティ詐欺に使用される個人情報をターゲットにしており、氏名、メールアドレス、パスワード、社会保障番号、生年月日、運転免許証番号などの情報が中心とされています。

犯罪者による身元詐称のリスクは何ですか?


犯罪者による身元詐称は、事後に、被害者に無数の悩みの種をもたらします。詐欺より一般的ではありませんが、犯罪者が交通違反や軽犯罪で捕まり、詐欺被害者の名前で出頭通告にサインしてしまうということが起こり得ます。詐欺被害者は煩わしい手数料や罰金の支払いに巻き込まれてしまいます。犯罪者がある罪で逮捕されたときに詐欺被害者の名前を使うと、犯罪歴が残り、就職や不動産の購入や賃貸に影響する可能性があります。また、犯罪者が詐欺被害者の身元を詐称して犯罪を行った場合でも、詐欺被害者の逮捕令状が発行される事例もあります。まさに犯罪者を探すのではなく詐欺被害者を探すことになるのです。詐欺被害者は自分に逮捕令状が出されているのに気づいていないかもしれません。

保護状態を維持する方法


もし、こうしたことに心を悩まされていたとしても、心配はいりません。保護状態を維持させる手順をとることができます。以下のベスト プラクティスで始めてください。

• 口座情報を確認する。定期的にオンライン バンキングおよび信用口座での取り引きを確認することで、不審な行動や購入を発見することができます。もし、怪しいと思ったら、銀行やクレジット会社に直ちに報告してください。最近のほとんどの銀行では、取引一覧表にある疑わしい取引を直接報告する方法があります。 

マカフィー®アイデンティティプロテクションサービスの使用をご検討ください。 マカフィー® トータル プロテクション の有効な契約の一部として利用可能です。アイデンティティ保護サービスはアカウントを監視し、電子メールやパスワードなどの機密情報を漏えいさせるデータ侵害といった潜在的な問題に警告を出すことができます。  

• オンラインとオフラインの両方で、すべての機密文書を抹消する。銀行の明細書やその他の機密書類を抹消することで、オフラインでのアイデンティ盗難を防ぐことができますが、確定申告書や銀行の明細書の PDF などの機密ファイルも同様に抹消することが重要です。一般的にはファイルを削除しても完全に消えるわけではなく、代わりにストレージのその部分が新しいデータで上書きできるようにマークされます。このことは、たとえファイルが削除されたとしても、精通したハッカーはファイルを復元できることを意味します。ウイルス対策スイートのマカフィー®トータル プロテクションにはファイル抹消機能があり、最大でミリタリー グレードの削除基準にまで、削除したファイルを効果的に復元不可能にします。 

• PC 上の機密ファイルを暗号化します。不要となった機密ファイルの抹消と同様の、マカフィー® トータル プロテクションのファイル ロックのようなファイルの暗号化ツールの使用。保管する必要がある機密ファイルを、パスワードで保護されたファイル ロック ボールトに置くことで、潜在的な盗難やハッカーからファイルを隠しておくことができます。 

• 身分証明書の紛失を報告する。多くの犯罪者による身元詐称では、運転免許証、社会保障カード、身分証明書などの物理的カードから個人識別情報 (PII) を盗むことで情報を入手します。運転免許証の紛失を報告した場合、州は紛失した免許証番号にフラグを立て、他のドライバーが警察当局に止められてその免許証を自分のものとして提示した場合、さらに情報を得るために質問されることになります。 

• 自分の身元調査をする。誰かがあなたになりすましているかもしれないと感じたら、身元調査をしてください。これは、オンラインでのサービスや私立探偵を通じて行うことができます。 

• 州と国の犯罪者データベースをチェックする。FBI の全米犯罪情報センター (NCIC) データ ベースなどの犯罪データ ベースで自分の名前を検索して、自分が知らない犯罪歴があるかどうかを確認する。