Intel Security
open

概要

2017年3月開催セミナー
東京・大阪・名古屋の3都市開催
脅威の巧妙化に伴い注目される
”サイバーレジリエンス”とは

セミナー情報を見る

統合された高度な脅威検出: ネットワーク境界からエンドポイントまでの保護を強化

高度な標的型攻撃は、セキュリティ システムを欺き、自身の存在を隠蔽したり、検出を回避するように設計されています。 McAfee Advanced Threat Defense は、このような高度な攻撃を検出・阻止するため、既存のセキュリティ対策と連動し、有益な脅威情報を利用して対策を行うことができます。

従来のサンドボックスと異なり、複数の解析エンジンを使用して、回避技術を駆使した脅威を検出します。 セキュリティ プラットフォームの重要なコンポーネントである McAfee Advanced Threat Defense は、他のマカフィー ソリューションと緊密に統合され、ネットワークからエンドポイントまでを網羅しています。インフラ全体で脅威インテリジェンスを迅速に共有することで、ゼロデイ脅威の対策を強化し、検出から封じ込めまでの時間を短縮しています。また、攻撃を受けた後の修復も迅速に行うことができます。

データシートのダウンロード デモの申し込み

既存のセキュリティを強化

複数のセキュリティ コンポーネントが 1 つのソリューションとして機能

検出から封じ込めまでの時間を短縮し、高度な脅威を阻止できます。また、アラートとポリシー施行を効率的に管理し、スループットを維持できます。侵害の兆候と脅威インテリジェンス出力のオープン規格である OpenIOC と STIX に対応し、統合機能が強化されています。

高度なマルウェア分析と検出

詳細な静的コード分析と動的なマルウェア分析 (マルウェア サンドボックス) を組み合わせ、サンドボックスを回避する高度な攻撃を阻止し、ゼロデイの脅威を未然に防ぎます。

保護とパフォーマンスのバランス

シグネチャ、レピュテーション、リアルタイム エミュレーションなど、複数の検出エンジンを併用することで、リソースを大量に消費するサンドボックス分析が必要になるファイル数を減らし、分析速度を向上させています。

調査時間を大幅に短縮

高度な解凍機能、対話モード、複数の仮想環境へのサンプル送信、侵害の兆候 (IoC) データなど、様々な機能を使用して調査を行うことができます。また、IoC データからサマリー レポートを生成して、アクションの優先順位を判断したり、マルウェアに対する正確な分析を行うことができます。

柔軟で一元管理された配備

組織の成長や様々な要件に合わせて、仮想アプライアンスと物理アプライアンスを柔軟に配備できます。複数のプロトコルに対応し、Intel Security ソリューションの共有リソースとして機能するので、配備を簡単に行い、柔軟な拡張が可能です。

サンドボックスの一歩先を行く、効果的なゼロデイマルウェア検知と防御方法

詳細はこちら
詳細な分析で脅威対策を向上

詳細な分析で 脅威対策を向上

マルウェアの高度化と巧妙化は進んでいます。 高度なゼロデイの脅威を阻止するには、このような高度な標的型攻撃と同様にセキュリティ ソリューションも進化しなければなりません。

インフォグラフィックのダウンロード

リソース ライブラリ

システム要件

Appliance Hardware Components ATD-6000 ATD-3000
Dimensions 2RU Rack Mountable 17.24"W x 3.43"H x 28"L 1RU Rack Mountable 17.25"W x 1.70"H x 29"L
Weight 50 lbs. 33 lbs.
Storage Disk space HDD: 4 x 4TB
SSD: 2 x 800 GB
Disk space HDD: 2 x 4TB
SSD: 2 x 400 GB
Maximum Power Consumption 2x 1,600W 2x 750W
Redundant Power Supply AC redundant, hot swappable
AC Voltage 100-240 V at 50–60Hz and 8.5 Amps 100-240 V at 50–60Hz and 5.8 Amps
Temperature +10° to +35° C (operating) -40° to +70° C (non-operating)
Relative Humidity (Non-Condensing) Operational: 10% to 90%; Non-operational: 50% to 90% with a maximum wet bulb of 28°C Operational: 10% to 90%; Non-operational: 90% at 35°C
Altitude 0–10,000 feet
Safety Certification UL 1950, CSA-C22.2 No. 950, EN-60950, IEC 950, EN 60825, 21CFR1040 CB license and report covering all national country deviations
EMI Certification FCC Part 15, Class A (CFR 47) (USA), ICES-003 Class A (Canada), EN55022 Class A (Europe), CISPR22 Class A (Int'l)