open

McAfee Advanced Threat Defense

効果的なゼロデイマルウェア検知と防御

ソリューションブリーフをダウンロード

標的型攻撃リスク評価サービス実施中

標的型攻撃対策や現状のマルウェア対策製品の見直しを具体的に予定しているお客様を対象に、リスク評価サービスを提供します。お客様のご要望により、メール通信、Web通信の現状評価を実施し、評価レポートを提供します。

概要、お問い合わせ、申し込みはこちらから

サンドボックスの一歩先行く標的型攻撃対策

2017年3月開催セミナー
東京・大阪・名古屋の3都市開催
脅威の巧妙化に伴い注目される
”サイバーレジリエンス”とは

セミナー情報を見る

“ライフサイクル”で考える
脅威対策とは

詳細を見る

巧妙化するマルウェアに対抗するために、ゼロデイマルウェア対策に有効な複数の検知テクノロジーを組み合わせました。また、先進的な既知のマルウェア検知テクノロジーを融合することにより効果的な対策を実現します。
検知だけでなく、その先に必要な被害の最小化や対策の効率化を目指して、効果的な製品連携をも視野に入れています。

1. マカフィーの包括的なマルウェア対策

既知と未知のマルウェアに対応
シグネチャやレピュテーションに加えて、シグネチャレスのエミュレーション、サンドボックスなど複数の検知テクノロジーを組み合わせ、既知と未知のマルウェアに対応します。

製品連携で被害を最小化
McAfee Network Security PlatformやMcAfee Web Gatewayといったネットワーク セキュリティ製品と連携して検知情報を共有し、素早い遮断で被害を最小化します。※

問題対応支援
エンドポイントソリューションとの連携を強化することにより、マルウェアへの対応に必要な情報収集を効率化し、影響調査やマルウェア無効化などの事後対応を支援します。※

※連携対象となるマカフィー製品が順次追加されます

2. 効果的なゼロデイマルウェア検知

効果的なゼロデイマルウェア検知のイメージ

複数の検知テクノロジーによる効果
既知/未知の脅威に複数の検知テクノロジーで対応するため高速で効率の良い処理が可能です。

少ない導入台数で対応
高パフォーマンスの検知処理を実行し、さらに複数の製品と連携できるため少ない導入台数で広い範囲をカバーすることができます。

難読化対応と詳細な静的コード解析
難読化された脅威も高度なアンパック機能で詳細に静的コード解析し、サンドボックスだけでは見逃しがちな脅威を捉えます。

3. 被害の最小化と事後対応の効率化を低コストで実現

McAfee Advanced Threat Defenseは、高度な検知能力を提供するだけではありません。Network Security Platform(NSP)、Web Gateway(MWG)、ePolicy Orchestrator(ePO)と連携し、少ない台数で被害最小化のためのアクションを実現します。 また、エンドポイントソリューションとの連携強化により、影響調査やマルウェア無効化といった事後対応の効率化をめざします。

被害の最小化と事後対応の効率化を低コストで実現するイメージ

McAfee Advanced Threat Defenseの仕様

モデルATD-3000ATD-6000
外形 1Uラックマウント型 2Uラックマウント型
インターフェース 10/100/1000Mbps ×4ポート 10/100/1000Mbps ×4ポート
電源 冗長 冗長